作成したライブラリ

rss.js

動作サンプル

rss.jsが動作していません

解説

使用したサンプル用js

execute.js

使用したxml->jsonサービス

XML 2 JOSN Service

サンプル解説

内容は動作サンプルの下に出ます。(idはrssなので分かり易いかと思います。
とりあえず此処でのコードを以下に示します。
//execute2.js var lwws1=null; //onload時に実行される function start(){ lwws1=new XmlReader('lwws1'); lwws1.RSS = app_drk7_jp_xml2json; lwws1.rss='http://www.google.com/reader/public/atom/user%2F10195134206426805935%2Flabel%2FJuner%27s'; lwws1.d=document.getElementById('rss'); lwws1.init(); } /***** onload *****/ if (window.addEventListener) { window.addEventListener('load',start, false); } else if (window.attachEvent) { window.attachEvent('onload',start); }
これによって
XmlReaderを生成

http://app.drk7.jp/xml2json/形式での取得である為そのパターンを入力

先程の場所からjson形式で値を取得

XmlReaderの書き出し機能で指定したid:rssに書き出し。
の様な行程で書き出す事が出来ます。
又、上記のstart()は以下の様に表記しても問題ありません。
function start(){ lwws1=new XmlReader('lwws1'); lwws1.RSS = app_drk7_jp_xml2json; lwws1.rss='http://www.google.com/reader/public/atom/user%2F10195134206426805935%2Flabel%2FJuner%27s'; lwws1.d=document.getElementById('rss'); }

各機能についての説明

各種説明。各オブジェクトの入っている変数名は***と略しています。

XmlReader

rssの読み込みやその廻りの出力を行う関数。
***.init()
scriptタグの生成を行い、所定のproxyからjsonを取得する。
***.onload(data)
dataの解析と表示を開始する。***.dataが入っていない時にdataを指定する事で***.dataに代入も行う。エラー表示もここからならばする。
***.type
RSSのタイプが入っている。
***.RSS
rssの解析用オブジェクトが入っています。
***.node.type
リスト表記のタイプを入れる。ul,dl,olの三種が選択可能
***.node.create(title,url,text)
各場所に値を入れる事で
***.node.bace
node全般の格納先要素を指定する。
***.pattern.obj
パターンオブジェクトが入っている
***.pattern.check(str)
strが***.pattern.objにマッチしているかをチェックする。
***.createList(data)
dataを解析して表示します。RSSチェック用オブジェクトのRSSバージョンによる総チェックも此処で行います。

RSSチェック用オブジェクト(名称未定)

場合によって宣言を替えてください。
***.url()
***.
***.
***.
***.

更新履歴

2008/11/08
コンストラクタを改正。パターンを別関数化。出力方式を幾つか追加。dl,li,olをnode.typeに入れることで指定可能。
2008/11/06
とりあえず作成完了。実はサイトの方にも使っていたりするのですが、気付いた方は居られるのだろうか?元々はRSS FeedをJavascriptでウェブページに表示するスクリプトがxhtmlで使えないという問題にぶち当たったので自分で作ってしまった事に起因していたりします。